埋没毛にならないためのポイント

埋没毛について

埋没毛
「埋没毛」は間違った毛の処理でおこります。埋没毛にならないためにも、日頃から正しい脱毛をおこないましょう。シェーバーは毛の流れに沿って使うことが大切です。流れに沿っておこなえば肌に無理な負担がかかりにくくなります。ダメージも大幅に軽減されることでしょう。

毛の流れに逆らってシェーバーを使うと、肌の表面が荒れて毛が成長できない環境を作ってしまいます。黒くポツポツ残る埋没毛を招く原因となるので、気をつけましょう。

万が一埋没毛となってしまった場合、無理に毛を引き抜こうとするのはNGです。

色素が沈着してしまうおそれも懸念される

肌にダメージを与えて、色素が沈着してしまうおそれもあります。スクラブなどで表面の角質を落として、毛が生えやすい環境を整えると良いでしょう。

ただ、1度スクラブをしたからといってすぐに毛が生えてくるわけではありません。
根気良く続けていく必要があります。また、乾燥肌や敏感肌の人が毎日おこなうと余計に乾燥をひどくさせてしまうこともあるので、気をつけなければなりません。ダメージを抑えるためにも1週間に2回までにしておきましょう。スクラブをしたあとの保湿ケアも大切です。乳液やクリームを塗って、肌をしっかりと保護しましょう。ただ油分が多いタイプは毛穴を詰まらせてしまいます。油分の少ないさっぱりタイプを選択しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*